スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

臨床推論8番勝負


期 日:平成27年11月28日(土)~29日(日) 1泊2日
場 所:オーシャンビュー大洗(茨城県東茨城郡大洗町東光台8234-1)
対 象:医師・医学生
定 員:100名
受講料:医師、医学生ともに、8,000円

さまざまな症状から臨床推論を行い、医師としての基本的な知識と技術の向上を主としながら、患者さんの病歴と身体所見などを考慮した診断と、患者さんの意向や生活の質も視野に据えた治療判断の重要性について考えます。

グループワーク(グループごとの議論・発表)形式を取り入れて、病歴と身体診察からの鑑別診断、検査の選択/全ての臨床情報を踏まえた最終診断/QOLや患者さんの意向を考慮した治療法の選択/その後の経過とまとめ、などを議論します。

開講講座 徳田安春
「こんなときフィジカル~スペシャルフィジカル診断ショー~」
患者層の高齢化によりフィジカル診断の重要性が増してきています。認知症で病歴が十分に取れないとき。在宅医療の場面で検査ができないとき。こんなときには、やはりフィジカルです。スペシャルフィジカル診断ショーを体験学習します。

8番勝負 その1
東京医科大学茨城医療センター内科(総合診療)卒後臨床研修センター 
柳生久永氏
「患者さんの言葉に耳を傾けることから始まる臨床推論」
患者さんや家族の言葉に先入観をもたず耳を傾け、得られた情報の重要性を判断することが重要です。一方、比較的コモンな疾患や病態が、必ずしも教科書的な主訴で受診するとは限りません。今回、実際に経験した症例を通して情報収集の大切さを学んでみたいと思います。

8番勝負 その2
筑波メディカルセンター病院小児科 
石踊巧氏
「小児の診察、assessment」
自ら訴えることのできない小児の診察では、病歴、身体所見を総合的に検討する能力が
求められます。症例から全人的診察と影に隠れやすい徴候への気付きの重要性について学びます。

8番勝負 その3
筑波大学附属病院 心臓血管外科 
徳永千穂氏
「心臓外科領域の救急疾患」
心臓血管外科疾患の初期診断から治療までのプロセスの学習。

8番勝負 その4
独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター 循環器科・救急部 
山田理仁氏
「貴院かかりつけ80 代女性、強い呼吸困難で体動不能です。収容お願いできますか?」
あなたは今晩、某病院で当直中です。当院には人工呼吸器もエコー機器もありますし、循環器や呼吸器のベテランスタッフへの相談も可能な状況です。高齢化が進み老老介護状態の家庭が増え、症状がひどくなってからの救急車要請が増加しています。「搬送してください。ところで…」(あなたの活躍の一助となりますよう)

8番勝負 その5
茨城県立こころの医療センター第四医療局 
白鳥裕貴氏
「かき氷器で父の頭を殴りつけた30 代女性」
精神科病院の症例は、総合診療とは少しだけ離れるかもしれません。しかし、「聞きにくいことを聞く」技術は、先生方のお役に立てると思います。

8番勝負 その6
筑波大学附属病院 総合診療グループ 
中澤一弘氏
「悪寒、頭痛、嚥下時痛を訴える61 歳男性」
突然の悪寒後に頭痛と嚥下時痛が出現し、開口障害がみられた患者さんの、その要因とは…。単なる風邪と危険な疾患とを見分ける重要性に気付かされる症例。9:00~9:50

8番勝負 その7
県北医療センター高萩協同病院 産婦人科 
岡崎有香氏
「女性の腹痛を診たら・・・」
山ほどある腹痛を来す疾患の中で、比較的除外しやすいが見逃すと生死に関わるのが婦人科疾患ではないかと思っています。診療の流れを一緒に考えましょう。10:00~10:50

8番勝負 その8
水戸済生会総合病院 整形外科 
須藤洋輔氏
「整形外科の初期臨床におけるポイント」
骨折や脊髄損傷などの整形外科的疾患を救急外来でファーストタッチした際に見逃しては
ならない所見、取らなければならない身体所見、撮るべき画像を一緒に考えていきましょう。

特別講義
Cornell University 
Mr. Richard Birrer
「Agricultural Medicine」
農業に関連する外傷、薬物中毒、整形外科的疾患、生活習慣病などについて、さまざまな症例を基に学習します。

申込はこちらです↓
http://jimukyoku.co.jp/ibaraki-tokkun/#s3

スポンサーサイト

2015.10.29 | Comments(0) | Trackback(0) | お知らせ

城東病院総合内科後期研修医/スタッフ募集

皆様、東京城東病院総合内科の後期研修医およびスタッフ募集のお知らせです。
東京城東病院を一言でいうなら『最強』です!!

①最強指導全国から総合診療の猛者が集結!
全国から総合診療の猛者が集結しています。
チーフである感染症のスペシャリスト・日本最強の剣客医師に加えあの男がチーフになることが決定しました!
最強コスモ!日本フィジカルクラブ代表の、平島先生です!平島先生と毎日フィジクラを出来るという夢のような環境です。
さらに、音羽病院総合診療科出身で救急・集中治療のスペシャリスト、藤沼先生の元で指導を受けた家庭医療のスペシャリスト、元関西若手医師フェデレーション代表で関東若手医師フェデレーション創設者・現代表で、丸太町病院出身の病院総合医 と指導スタッフの層が極めて『厚い』いや『熱い』ことが特徴です!

②最強回診徳田先生、志水先生、青木先生、ティアニー先生・・・
あのドクターG徳田安春先生がなんと毎週教育回診をされるという日本で唯一の環境です。当院は徳田先生の活動拠点でもあります。さらに『愛され指導医』志水太郎先生も定期的に回診をされます。また不定期ですが、青木眞先生、ローレンス・ティアニー先生、ピーター・バーネット先生も回診に来られます。これほど熱い回診は他にありません。

③最強臨床 『なんでもこい!』と幅広い内科疾患に対応
当院は 120床前後の小さい病院ですが、総合内科が 60床と日本でも有数の規模を誇っています。内科入院は全て総合内科という完全なホスピタリスト制度です。さらに救急や外来指導も担当し、挿管管理などふくめた重症患者も診療しています。全ての分野の内科病棟、救急、外来、集中治療と幅広い分野を担当します!自分の知識や臨床能力を十分に発揮できる環境です!

④最強指導山中克郎、松本謙太郎、北和也から直接指導!
外来教育が極めて充実していることも当院の特徴です。あの山中克郎先生から、直接外来指導をしていただけるという非常に贅沢な環境です。さらに総合診療のドンである松本謙太郎先生、世界のキタカズこと北和也先生からも外来指導を受けることが出来るという夢のような環境です。

⑤最強カンファレンス
志水太郎先生の伝説の『診断戦略カンファレンス』も定期的に実施することに決定しました。診断力を向上させるまたとない機会です。さらに平島先生によるフィジカルカンファレンスも、もちろん定期的に開催されます。他には”恋するEBM”森川先生のマニュアルカンファレンスやジャーナルクラブと教育的なカンファレンスが目白押しです。新しい先生方が自分自身で新しいカンファレンスをスタートさせることも可能です。

⑥最強研修 ICUや感染症科など他流試合も充実!
希望者にはICUや感染症科、放射線科などにローテート(2年次以降)も可能で、他流試合も充実しています。

⑦楽しい!みんなで和気あいあいと楽しく仕事!!
若いメンバーも多く楽しく和気あいあいと仕事しています!医局旅行や、定期的なチーム会を開催し交流を深めています。さらに日本酒専門医に無料で素晴らしい日本酒を飲ませていただけます!


応募資格ですが、後期研修医は新3年目以上、スタッフは新6年目以上であることと。パッションとコンパッションがあること。それだけです!
スタッフはチームリーダーとして後期研修医の指導にあたる責任あるポジションについていただきます。
こんな最強な東京城東病院のメンバーにあなたもなりませんか?
随時募集中ですが、枠はあとわずかです!!
気になる方は、今すぐ見学を!!


ポスター https://www.evernote.com/shard/s307/sh/98c491e0-2124-4658-9841-b9da85282e00/f286ff6dcf35ffd5f570750e3bb81265


facebook page : https://www.facebook.com/toukondazejyoutou

2015.10.17 | Comments(0) | Trackback(0) | お知らせ

«  | HOME |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。